☆☆  伊東市の健康保養地ホームページ開設  ☆☆

「健康保養地づくり」の取組み

伊東市では、全国でも有数の豊富な湧出量を誇る温泉や豊かな自然を生かした健康保養地づくりを施策の重要な柱として位置づけ、関係団体による「伊東市健康保養地づくり実行委員会」を中心に様々な取組みをおこなっています。

健康保養地
健康保養地
健康保養地
第1期

第1期計画書 1999年3月に「伊東市健康保養地づくり計画」(第1次計画)を策定するとともに、同年9月に、健康保養地づくりを推進する組織として、「伊東市健康保養地づくり実行委員会」が立ち上がり、基盤となる体制が整備されました。
そして、翌年2月には「健康回復都市宣言」を行うなど、事業が本格的にスタートしました。

健康保養地
健康保養地
健康保養地
第2期

第2期計画書 第1次計画の期間が終了した2005年度からは、2010年度までの5年間を計画期間とする「第2次伊東市健康保養地づくり事業計画」(第2次計画)を策定し、「健康推進ツアー」や「ゆったり・湯めまちウォーク」などの『健康保養プログラム事業』、「伊東オレンジビーチマラソン大会」などの『スポーツ振興事業』、「健康づくり教室」や「健康まつり」などの『市民健康づくり事業』を実施し、市民や観光客の健康増進と市内経済の活性化を図ってまいりました。

健康保養地
健康保養地
健康保養地
第3期

第3期計画書 時代環境の変化に適応し、伊東市の未来に向けた新たな課題に対応するため、第2次計画の計画期間終了を受け、2010年12月に「第3次伊東市健康保養地づくり事業計画」を策定しました(計画期間は、2011年度~2015年度)。
『「健康といやし」のまちづくり2010』と題した同計画では【体験・交流プログラム・メニューの充実】【市民健康プログラムの充実】【シンボル事業の開催】【効果的な情報発信】の4本の柱を事業展開の指針として掲げ、”ずっと住みたい、また来たい”魅力的なまちづくりを推進しました。

健康保養地
健康保養地
健康保養地
第4期

第4期計画書 本格的に到来しようとしている人口減少、少子高齢社会を克服するため、地域の特性を生かし、持続的で、独自の魅力を持った地域社会を創出する地方創生の動きが全国で活発になっています。伊東市の健康保養地づくり事業においても、この動きを視野に入れるとともに、自然・健康志向の高まりや、訪日外国人旅行客の増加などの社会環境変化に対応したまちづくりを推進していくことが求められています。
この背景の下、これまでの実績を継承しながら、新たな取組を戦略的に推進し、活力ある地域社会の構築と地域産業の振興を図るため、平成28(2016)年度から平成32(2020)年度までの5年間を計画期間とする「第4次伊東市健康保養地づくり事業計画」を策定しました。

計画書は、下記よりダウンロードできます。
「第4次伊東市健康保養地づくり事業計画」(PDF 2,343KB)

健康保養地
健康保養地
健康保養地
同計画では、成熟社会に求められるリゾート地として独自の魅力とブランド価値を創出するため、「健康と交流」を軸に、『ゆとり・快適・癒しの成熟リゾート』をテーマとした下図の3本の柱を事業展開の指針として掲げています。
このホームページは、上記の指針に沿って、伊東市の「健康といやしのまちづくり」に関する情報の発信基地となることを目指して運用しています。